読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macと音楽の忘備録

音楽(特にBluegrassやJamGrassなどAmericanaと呼ばれるルーツ系)やMacの忘備録

ジェリー・ダグラス The Earls Of Leicester 2nd ”Rattle & Roar”

https://kingsroadmerch.s3.amazonaws.com/images/us/2/9/1/29115_400x400.jpg

 

ジェリー・ダグラスのEarls Of Leicester(アールズ・オブ・レスター)のセカンドが7月15日に発売されます。

前回のEarls Of LeicesterとThree Bellsはブックレットが欲しくて、Jerry Douglas Storeで予約したのですが、今回は特に特典はないようなのでアマゾンでもいいか、と思っています。こちらでのオーダーは、CD、LP、ダウンロードの3種類です。

上記2枚は手元に来るまでいろいろありました。その顛末はこちらに詳しく書いてます。Three Bellsも同様に手元に来るまでいろいろありました。それに比べたら、Amazonのサービスがどれだけ優れているかよく分かります。コレはアメリカ本土や他の国のバイヤーが出店してる場合も同様です。

1stアルバムの録音で使用された楽器のスペックです。

Banjos:Gibson 1930 RB-3、Gibson RB-3 with Pitman Cam Tuners

Guitar:1960 Martin D-28

Fiddle:Stainer Violin、originally played by Paul Warren on the original Flatt & Scruggs recordings

Dobro:1934 Original Dobro model 37

Mandolin:1976Nugget A model

Charlie's guitar:1942 Gibson Banner J-45

Bass:1955 American Standard

Rhythm guitar:1937 L-5 advanced

 

The Earls of Leicester

The Earls of Leicester

 

  

The Earls of Leicester

The Earls of Leicester

  • The Earls Of Leicester
  • カントリー
  • ¥1600

 

Rattle & Roarのトラックリストです。

 

The Earls of Leicester, Rattle & Roar Track Listing:
1. “The Train That Carried My Girl from Town”
2. “Why Did You Wander?”
3. “All I Want Is You”
4. “Steel Guitar Blues Intro”
5. “Steel Guitar Blues”
6. “You Can Feel It in Your Soul”
7. “A Faded Red Ribbon
8. “Just Ain’t”
9. “Mother Prays Loud in Her Sleep”
10. “I’m Working on a Road (to Glory Land)”
11. “Will You Be Lonesome Too?”
12. “Flint Hill Special”
13. “What’s Good for You (Should Be Alright for Me)”
14. “The Girl I Love Don’t Pay Me No Mind”
15. “Branded Wherever I Go”
16. “Buck Creek Gal”
17. “Pray for the Boys”

 

Three Bells

Three Bells

 

 

Three Bells

Three Bells

  • Rob Ickes, Jerry Douglas & Mike Auldridge
  • カントリー
  • ¥1600